きつねさんとたぬきさん

毎週金曜日は「特別授業の日」!

学院長の仲野とキャリア教育センターの飛鳥井が、特別授業を担当しています。

先月までは4回に渡り、学院長の「世の中授業」が開講されました。

そして現在は、飛鳥井の「キャリアデザイン」が開講中です。

 

昨日の特別授業はゲストレクチャーでした。

「はっぱさん」という教育コーチングのトレーナーをされている方をゲストにお招きしました。

 

「きつねとたぬきの物語」というお話を通じて

「考え方」や「捉え方」について学びました。

 

例えば、こんな感じ

きつねさん:「お后様に命令されたから薬草を取りに行かなければならない」

たぬきさん:「お后様の命令を受けて薬草を取りに行くことにしたんだ。王子様の命を救うためにね」

 

みなさん、どう感じられましたか?

きつねさんとたぬきさんの違いってわかります?

もう少しだけ・・

 

きつねさん:「ぼくはどっちに行くべきだと思う?」「じゃあ、右に行くしかない」と決断しました。

たぬきさん:「それぞれどんな道なの?」たぬきさんは自分に問いかけ、「右に行きたい」という心の声を聞いて「よし、右に行くぞ」と選択しました。

きつねさん:「リスのやつ!こんな恐ろしい吊り橋があるなんて言ってなかったぞ!」と怒りと一緒に歩きました。

たぬきさん:「面白い!度胸を試すチャンスだ。よーし、渡りきってやるぞ!」と勇気と一緒に歩きました。

 

きつねさんはこんな感じですかね・・

・できる、できないの外の理由で動く

・仕方ない、やるしかない、やむをえない、という決断をする

・環境や誰かのせいにする

 

たぬきさんはこんな感じかな

・目的に向かって自分の意思で動く

・たくさんの候補の中から自分の意思で選ぶ

・自分の責任として起こったことを受け取る

 

 

たぬきさんってすごいなーって私は思いながら

自分の中に、たぬきさんっぽいところもたくさんあるなと感じました。

 

講師のはっぱさんは

「きつねさんやはっぱさん、いろんな要素を試してみてください。そして、どうだったかご自身で感じてみてください」

 

とおっしゃいました。

たぬきさんになりなさい、ということではなく

たぬきさんやきつねさん、いろんな自分をしっかり見て、なりたい方向を試してみる・・・

私はそんな風に受け取りました。

 

受講生の生徒や保護者の方、私たちスタッフも

それぞれ、いろいろな感想を抱いたようです。

IMG_1113

(写真:はっぱさん)

 

 

んー〜〜〜

面白かった!!!!

 

キャリア教育センター 飛鳥井

 

 

 

 

-つばさ高等学院