不登校の生徒の進路について 高校進学 つばさスクール編

進路について書きます。

つばさスクールから高校に進学する際の進路です。

大きく分けて

1、公立高校

2、私立高校

3、つばさ高等学院を含めた通信制高校

の3つです。

 

1、公立高校について

全日制の埼玉県公立高校に関しては

http://www.nakajuku.com/tsubasa-blog/wp-admin/post.php?post=1202&action=edit

も参考にしてください。

また、住んでいる地域によっては千葉県の松戸南高校も受検可能です。

午前、午後、夜間の3部制で高校からいきなり毎日午前中から通えるか不安という生徒には午後の部がお勧めです。

中学生のころ不登校だったという生徒も多いようです。

また公立の通信制高校には大宮中央高校があります。スクーリングを吉川美南高校で受けられます。

2、私立高校

通信制ですが、全日制に近い形をとる武蔵野星城高校、かなり遠いですが特色ある教育を行っていて不登校経験のある生徒への理解のある自由の森学園があります。

多くの私立高校はある一定以上の欠席があると推薦入試を受けられず、一般入試をうけることになります。

一般入試は筆記試験の点数で合否が決まります。

3、つばさ高等学院を含めた通信制高校

通信制高校のメリットはずばり「入りやすくて、卒業しやすい」ことです。

公立、私立ともにほとんどの場合、入試があり不合格の可能性があります。通信制高校は不合格の可能性は低いです。

また、公立、私立の全日制高校の場合、長期間欠席が続けば進級できず留年になります。しかし、通信制高校の場合、翌年度以降に単位を取り直せばいいです。

まだ大勢の生徒の中に混じって高校生活を送ることが不安という生徒は無理せずに通信制高校への進学をおすすめします。

デメリットは、施設、設備と学費です。

つばさ高等学院もそうですが、大きなグラウンド、立派な体育館、私立高校のような学食などはない高校が多いです。

また、通信制高校も補助はありますが、全日制高校に通った場合と比べて少ないです。そのため、学費の負担は大きいです。

不登校の生徒の高校選びはとても悩むと思います。

ムリして、できそうにないことを「やる」と言わず、自分の気持ちに素直に選べたらよいと思います。

参考になれば幸いです。

 

つばさ高等学院/つばさスクール 西中 伸

-つばさ高等学院