人間の身体

現代ではスマホやパソコン、ゲームに音楽・・・様々な誘惑のもと、夜更かしをする
子どもたちが増えているといいます。また、食事においても、時間が不規則だったり
バランスが悪かったり・・・ダイエットでもしようものなら、1日1食しか食べない、なんてことも。
%e9%87%8e%e8%8f%9c
以前、ある大学の先生の講演を聴き、なるほどなぁと思った話があります。
人間の身体はどうやってできていると思う?
細胞、骨、皮膚、血管、その他たくさんの器官が集まって形成されているって?
当たり!でも半分かな?集まるだけではダメ。
「食べて、寝る!」
これをしなきゃ人間の身体は存在しないんだよ。
それも、とびきり素敵な食事と睡眠が必要。
豪華な食事、とかたくさん眠る、とかではない。
ひとりひとり違う身体なんだから、それに合わせた食事と睡眠が大切。
まず、自分の身体をよく知ること。そして、自分の生活のリズムを整えること。
バランス良い食事を摂りたければ、色とりどりの食卓にすればいい。
野菜なんかは、その形がそのまま栄養なんだよ。
根っこ、茎、葉、実・・・全てが自然の贈り物なんだ。
昼間、太陽の光をたくさん浴びて体を思いっきり動かし、少しは本を読んだり脳みそ
を使って。誰でもいい、人間と話をする。気も遣うよね。
そうしたら、夜はスマホ片手にいつの間にかぐっすりだよ。
ほら、食べて、寝て・・・当たり前のことだけど、それがみんなの身体を大きくするんだ。
身体が大きくなると、心も大きく、大きくなるんだよ。
 
と、
こんな話でした。
ちなみにこれは小学生に向けた講演。だからこそ心にすっと入り込んだのかもしれません。
 
みんなの心と身体が健やかに成長することを、お父さんやお母さん、私たち周りの大人は
願っています。
一人一人の身体、一つ一つの命を、改めて大切にしていきたいですね。
 
平塚真紀

-つばさ高等学院