教育・不登校フォーラム 舞台裏

先月のフォーラムの舞台裏をお届けしようと思います。

前回のブログで、生徒や元生徒が手伝ってくれたと書きました。それは間違いないです。とてもありがたかったです。

しかし、忘れてはいけません。

つばさにはみんなでやるぞ!という時に、やらない人たちが集まっているということを

フォーラムが終わって片づけをしている時に、生徒のお母さんが「あれ?うちの子どこ行きました?」と言っていました。

何をやっていたか?

サボっていたのです。

フォーラムの写真を撮影してくれた元生徒は、ご丁寧にサボっている元生徒の証拠写真を残してくれました。

部屋が暗いです。

そう彼らは、誰も使っていない楽屋を犯行現場に選びました。

これも同じ現場での写真です。

カメラを構えているのが犯人の1人撮影担当の元生徒。なんだかやたらと凝った写真を撮っています。右側に立っている緑の服を着ているのが主犯格つばさの高校生です。

これらの写真には「楽屋の小噺(こばなし)」とタイトルがついています。

楽屋でなんだかよく分からない話をしていたと推測されます。

舞台裏では、つばさの元生徒2名、高校生1名がこうして片付けの時に楽屋でさぼって、久しぶりの再会を楽しんでいたようです。

 

つばさ高等学院/つばさスクール 西中 伸

 

 

 

-つばさ高等学院