毎日行かなきゃいけないと思ってはいけない

タイトルの通り「毎日行かなきゃいけないと思ってはいけない」そう思います。

特に、不登校の生徒が、つばさに通い始めた時です。

毎日来ようとすればつらくなります。

不登校だった生徒が、毎日朝起きてつばさに来る生活に切り替えるのはそう簡単ではないです。

つらくなって、いつか休みたくなったりします。

「いやだめだ」

「毎日行かなきゃ」

「ここで怠けちゃだめだ」

とか思ったりします。

「なんだよ、今度こそ変わるって決めたのに」

「やっぱりまたダメなのか」

とか思ったりもするかもしれません。

そんな風に自分を追い込んで苦しくなるくらいなら、

「最初は週に2,3回行ければいいかな。他の曜日は行けたら行こ。」くらいでいいんです。

もちろんムリなく、楽しく週5日通えるなら来てください。

「毎日来てはいけない」と言ってるわけではないです。

「毎日行かなきゃだめだ!!」と思わなくていいんです。

ただし、目標がある人は別です。あの高校に行きたい、このレベル以上の大学に行きたいとか。

今のペースで間に合うかどうか、私なりの予想、判断を伝えます。場合によっては「今のペースで進めていても、この高校(大学)には合格するのは難しいから、もっと来る日数を増やしてほしい」とか言います。

それでも、週に1回でもつばさに来ることで、目標から遠くなることはないです。

週に1回でも、2回でもつばさに来ることで、「今までよりちょっといいな」とか「うちの子、ちょっと明るくなったな」と思ってもらえたら嬉しいです。

つばさ高等学院/つばさスクール 西中 伸

 

 

-つばさ高等学院