英語 これって正しい英語なの?

こんにちは、つばさ高等学院で英会話を担当している布施です。今日は、「これって正しい英語なの?」というタイトルでお話したいと思います。それでは、早速、今日も例文を見ながら一緒に考えていきましょう。

 

【例文】

状況は、アメリカで自己紹介をしているときです。学生であればそう難しいものではありませんね。では、すでに働いている場合だったらどうでしょうか。

 

1.I work for a company.

 

2.I work at a company.

 

どちらも「私は会社で働いています。」って伝えたいのでしょうね。文法的には、どちらも問題ありません。ここで問題となるのは使われている前置詞の組合せですね。1のwork for を使うのか、それとも、2のwork at を使うのかという問題になりますね。でも、前置詞forを使った場合と、前置詞atを使った場合では、アメリカ人の耳にはニュアンスが全く違って聞こえるそうです。

 

1の場合ですと、undercover brother、つまり、スパイを想像してしまうそうです。

2の場合が最も一般的なようです。

 

実は、work forを使った場合は、直後に会社名とかを入れるのが一般的で、単に「会社で」働くとなると、ここは、やっぱり場所を表す前置詞atが使われるのが一般的な米口語だからです。

 

どうでしたか、たった一言、英語で「私は会社で働いています。」って伝えるのもこう考えると実は結構大変なんですね。今日は、「英語 これって正しい表現なの」というお話でした。

 

つばさ高等学院 事務局長 布施茂太

-つばさ高等学院