1/14教育・不登校プレフォーラム無事終了しました

「教育・不登校プレフォーラム」が無事終了しました。たくさんの方々に来場していただきました。ご家族、親子、学生さん、教育関係者の方、地域の方・・・。ありがたいです。

 
今まさに不登校の当事者として行き詰まっている方は、未来を想像することが苦しかったり辛かったりします。暗闇の中で強烈に照らされる光は、眩し過ぎて布団をかぶりたくなるように。だから、照らすのではなく、希望の光を灯すように不登校の子どもたちやご家族に関わります。
 
「今をどうしたらいいのか」
「今をどうにかしたい」
「助けて。助けて。助けて。」
 
そんな叫びをまずは受けとめてくれる人や場所との出会いが、ファーストステップかもしれません。家でも、学校や職場でもない「サードプレイス」との出会い。3つ目の場所。そこから具体的な一歩を少しずつ踏み出していく。ゆっくり、ゆっくり、焦らずに。
 
行き詰った子どもたちが、人や社会のあたたかさに触れた時、その子たちは、将来必ず人や社会を「あたためる側」に立つと確信しています。
「そうしてもらった」ことは、いつか時を超えて、誰かに「そうしてあげる」ことができるはず。
 
たくさんの出会いと感謝にあふれた1日でした。
2月11日のフォーラムでも、お会いしましょう。
16113450_688167864690891_8573607222904102546_o
キャリア教育センター 飛鳥井

-つばさ高等学院